読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

色のない世界をきみと歩こう

世界はきみのものだ

あの星に手を伸ばし摑まえるその日まで、

SHOCKのサントラ第2弾キタ━━ヾ(゚∀゚)ノ━━!!
ってことでww

FCメールなんてもはや見てもなかったので、夕方Yahooニュースでリリース情報を目にしてびっくりしすぎて変な声出ましたw


この作品は2006年1月発売の「KOICHI DOMOTO『Endless SHOCK』Original Sound Track」から11年ぶりとなる、「Endless SHOCK」のサントラ第2弾。収録楽曲は第1弾と大幅に変更されたほか、屋良朝幸、内博貴、ふぉ~ゆ~といったキャスト陣、歴代のオーナー役を務めた植草克秀前田美波里森公美子、リカ役を務めた佐藤めぐみ、神田沙也加、サントス・アンナ、宮澤エマ、小南満佑子らがレコーディングに参加している。

初回限定盤はDVD付き。こちらには2005年から2016年の「Endless SHOCK」の名シーンを劇中曲「CONTINUE」に合わせて編集したダイジェスト映像と、堂本のインタビューが収められる。また、通常盤は初回限定盤未収録の「Missing Heart」「合戦2」「Don't Look Back ~戻れない日々」がボーナストラックとして追加収録される。

って…ほ、本気のサントラ来たよこれ…!!
つい昨年のインタビューでサントラ出ませんか?ってヲタの質問に、「出しません!」ってバッサリだったのに、光ちゃん
確かに今のSHOCKの曲たちって前作みたいに、光ちゃん1人が歌ってれば成立するものじゃなくなってるし。
ONE DAYなんて、前光ちゃん「俺1人で全部歌う?笑」なんて言っちゃうくらいヒロインパートの持つ意味の大きさったら、じゃあサントラにするとしたら…?って。
みんな外部の人だもんね…事務所間の問題とかレーベルの問題とかあるもんね…
ってそのハードルの高さは、察していたつもりだったのですが。

屋良っち、内くん、ふぉ〜ゆ〜、植草さんまでならまだしも、神田沙也加ちゃんに美波里さんに森久美子さんまで…!!
サントラってスケールにはもったいないくらいの面々…!

え、SHOCKという名のふゅーちゃりんぐアルバムとかコンピアルバムにしなくて大丈夫?w


光ちゃんのため、SHOCKのため、ってここまでのメンバーが再集結するなんて…
もう感動しかなくて昨日は詳細読みながらずっと泣きそうでした。笑

だって夢にまで見たサントラ…!


もう前作から11年も経つんだよね。
今や初演当初から大まかなストーリーは変わらずとも、中身や音楽は進化を重ねてまるっきり別物だし。
変更や洗練を重ねて、今のSHOCKの音楽って劇中歌と呼ぶにはもったいないくらいのハイクオリティな楽曲達が抜け目なく揃ってると思うんです。
なかなか観劇してると聞く事だけに集中するって難しいけどw
Higher見てて、ふと耳に入った間奏のブラスアレンジめっちゃかっこいいな…!えーこれちゃんと聞いてみたいな!って何年か前に思った気がする。

そりゃパーフェクト音楽職人堂本光一が選んで創り上げた曲達だから、そうなるのは当たり前なんだけど…!←
夢幻のあの聞くだけで涙出そうになる旋律とか。
インスト一つとっても、音でも人を魅了する。

今のSHOCKの楽曲達ってもはやどれ一つ欠けても、成立しなくなりそうな。
史上最高にSHOCKを創り上げてるでっかいピースになってると思うから。
だからこそ、このままサントラとか出ずに何年も経ってあの曲なくなっちゃった…うわぁ音源聞きたかった…なんて事にならないでほしいなって思ってたから本当に嬉しい。
光ちゃんの歌声だってそう。
今の歌声で夜の海やCONTINUE聞けるなんて…この2曲前作に続けてちゃんと収録するあたり、ちゃんとわかってるなぁ!ってまた嬉しい。

しかしいつの間に作業してたのかなぁ。
澄ました顔して水面下じゃヲタが1番喜ぶ宝物用意してくれてるんだから、本当かっこいいよ堂本光一って男は!!
1000回記念ではアナザーストーリー撮ったり円盤化されたし、今年はいよいよ1500回。
やっぱり節目が後押ししてくれたとこはあったのかな。
ヲタが待ち望んでるのは光ちゃん東宝もJEもきっとわかってくれてただろうし。

Missing HeartとDon't look backが通常盤のみってとこに、「いぇい!商売上手!」ってなったけどw
11年も待ったんだもの。どっちも買うさ!
その心意気に全力で応えたいと思います。笑

またCDになるって事で光ちゃんのこだわりいっぱい詰まった作品になってるんだろうし、存分に語ってほしいなぁ。
日経エンタ、期待しちゃうよ!!!笑
雑誌のインタビューとか楽しみだな〜
プロモーションでテレビも出てくれるかな?
SHOCK終わりの光ちゃんには休んでほしいけど、こうなってくると複雑になるヲタ心w

まだまだ公演は残ってるのに4月が楽しみで堪らないですな。笑
ついに観劇終わって完璧に余韻に浸り脳内補完できるのかと思うと!!!


色々あって観劇1回飛びまして、結局1カ月近くSHOCK見れない事になり。
次は3月終わり…って絶望してたんですが、SHOCKの傷をSHOCKが癒してくれましたw
ありがたや!ありがたや!

ジャケ写とかも楽しみだよね…んふふ。
続報を楽しみに、4月までなんとか生き抜きたいと思います〜

突然のアップすいませんww

道は手ずからひらけ

お久しぶりです〜
なんと最後の更新が去年だった。SMAPだった。。笑
光ちゃんの誕生日とか紅白とか、色々あったのになぁ。
まぁTwitterであれだけ荒ぶったから書いた気になってたのかなw
なんとか生きてます。あいです。

もう3月になっちゃったね。
SHOCKが始まって、1ヶ月。
今年はなんだかんだ時間がなくて、2月は2回。
観劇させてもらいました。
それでも「日本一チケットの取れないミュージカル」を2回も見たんだ。
幸せに思わなきゃだよね。
感想はまぁこれもまたTwitterで散々書いたけど、光ちゃんの肉体改造云々やアンサンブルの入れ替え等々。
話題になってた事とか色々含め、なんでかなぁ。
すごく新鮮な気持ちで楽しめたSHOCKでした。

直前に色んなメディアでSHOCKがいかに凄いか!ってのを改めて特集してくれたのを見たせいもあってか。笑
何度も見てきたはずのフライングや踊りに、それこそ一々「うわぁ!飛んでる!すごい!!踊りダイナミック!」とか、初めてSHOCKを見たような驚きと喜びがw

光ちゃんが肉体改造した事によって、「それぞれのシーンの底上げになれば」って言ってたけど凄くそれを感じたのかもしれない。
踊りのエネルギッシュさに圧倒されたし。
それでいて指先まで美しく舞う繊細さは健在。

そして新しい面子も加わって、新鮮さはあれど真ん中にどーん!とそびえる座長堂本光一の安定感もまた。
台詞の微妙な変化や、演技の変化もまたSHOCKがSHOCKたる緻密な伏線を散りばめてて。
やっぱり良くできてるよなぁ…と唸りました。笑
関ジャムとかも凄く良くて、全ての物事を理論的にきちんと説明できる堂本光一の頭脳…ってのが自分的にツボなので(彼のエンターテイメントってのは、彼の頭の中でちゃんと理論的に立体づいて創られているんだろうなぁと思うと堪らんのですw

それはそれは、Slave Makerも含めて神番組だったけど。
どこの特集もそりゃネタバレしちゃ元も子もないんだけどw
ストーリーについて「ブロードウェイに生きる青年たちの葛藤を描いた…」的にざっくりまとめられちゃってるのがとってももどかしいです。笑

台本の台詞、たったの何行かに何時間も何時間もうんうん唸って「全てはSHOCKヲタのために」と言葉や台詞の一つ一つに向き合ってる姿が私は好きだから!!!(リカ風

なんて、とりあえずSHOCK見たからにはSHOCKの話しなきゃなんてつらつら語りましたが。
こっからは完全に私事です。

実は5年以上働いてた職場をちょっと離れて、新しいお仕事を始めました。
完全にやめたわけではないのだけど。
ここに至るまで、自分の中では結構な葛藤があって。

なにか新しい事始める一歩目って凄く怖いよね。
失敗したらどうしようとか、ちゃんとそこに馴染めるかとか。
本当に自分がやりたい事でも、その迷いの中で1番真ん中にある本心が揺らいだりする。
あたしもそんな1人で、なんとなく惰性でずーっとやってきて変化しないって事はとにかく楽な事だし。
向上心もなにもなく、ただそこで仕事をこなすだけ。
仲間は大好きでも上司はみんなおかしな人達ばっかだし、理不尽な事で怒られちゃ悶々として。
心身のバランス壊したりしながら、死んだように働いて時間も余裕もなくして。

だから自分のやりたい事を本当に楽しんで全力で生きてる光ちゃんがいつもずーっと眩しかったのです。

そんなあたしの背中を強烈に押してくれたのが正月大阪で見た光ちゃんの姿と、

「道は手ずから夢の花」

どうにかここから抜け出したい、踏み出したい、けど勇気がない。歳も歳だ。笑
そんなぐるぐるしてる中で、またバタバタと向かった京セラドームで。
汗にまみれてどっか辛そうに、あの名古屋のSpiralの姿を思い出すくらい全身全霊でLOVE CRIESを歌う光ちゃんの姿に、あたしもこんな風になりたい。
いや、絶対なれないけどw なりたいなりになにかやってみなきゃいけないのかも。と。
そして、道は手ずから夢の花。
生で聞いたこのKinKiの一曲には本当泣かされました。
こうして何年もヲタやってると、彼らが歌う曲と自分の人生が奇跡的にぴったりリンクする瞬間が少なからずあるんだよね、きっと。

そっからのあたしはそこで感じた何かを、無駄にしちゃいけない!とそりゃもう必死でしたw
昔からなんとなーく憧れてた仕事に、ダメ元で面接受けに行って受かり。
研修受けて、バタバタ初日を迎え…
そんなこんなで、これまでの人生の中で初めて、「心の中でずっとやってみたかった事」を仕事にしてます。全力で。

まだ始まったばっかで手探りだし、怒られたりやらかしたり。疲れるけど。
でも、ずっと押し潰されそうだった虚無感はどこにもなくて。
ここからまた理想と現実のギャップに悩まされたりもするのかもだけど、とにかく今は楽しいです。

あの時動いて良かったなって。本当思う。

単なる1ジャニヲタの戯言だけど、大好きな人達の表現や歌にこんなにも救われる事があるんだなぁって。
端から見たら、そんな事で?痛いなぁって思われるんだろうけどw
ふと思い出したら、あの時あの曲聴いて元気出た!ってのと一緒で。
彼らが自分の人生に寄り添ってくれてる瞬間を確かに感じたから。勝手にですが←
だからヲタってやめられないんだろうなぁって。笑

あと先日こんな事もありました。
とある事がきっかけで、喧嘩というか疎遠になってしまった友達がいました。
考えてみたら元は完全に私が悪かったんだけどw
彼女はSMAPファンで、色々あった時に凄い心配もしたけど、すでに音信不通になってたので連絡も取りようがないし。
ずーっと心の中でもやもやしてたのです。
それで1年くらい経ってたのかな?もう会う事もないのかなぁなんて思ってて。
そんなんで、ついこの間帝劇でSHOCKを観劇していた私。
早く着きすぎたし…なんてパンフを読んでたら、突然「久しぶり!」って声をかけられて。
見上げると、その彼女の姿が!!!

そりゃもうびっくりして、テンパりましたww
なんでここにいるの?!と。SMAPヲタで今は若い子追っかけててSHOCKとか観に来そうもなかった彼女が(笑)
聞くと「ずっと気になって観てみたかったから、たまたまチケットが手に入って…」とわざわざ来てくれてたとの事。
気付いたら普通に話してて、お互い泣きそうになりながらちゃんとごめんねも言えて仲直りできました。
こんなたくさんある公演の中のたった1公演で、こんな風に再会できるなんて…!って本当にびっくりして。
笑いながら「光ちゃんとSHOCKが結んでくれたのかなぁ?」なんて言ってたけど、そう思わずにいられないくらいの奇跡だった。嬉しかった。

そんな風になんだか今年に入ってから、KinKiや光ちゃんに凄く助けられてます。笑
ヲタやっててよかったなぁって勝手に思いながら生きてる日々ですw

そんな風に簡単に行かないわ!!そんな事で簡単に!きーっ!!ってなる人もいるかもだけど。
いや、あたしもそうだったけどw
SHOCKのコウイチみたく、(ここもまた影響受けたよねぇ…)
もう無理だと思った時こそ、時間がなくてもなんとか大好きな人達に会いに行ったり曲聞いたり見たりすると、その瞬間に心が生き返ったり突き動かされる瞬間が生まれるのかもしれないです。
あたしも去年は本当に時間も余裕もなくて、一瞬ヲタ卒業するんじゃね?って思ったくらいだったし。
(アリーナツアー1回も行ってないしね…)
あの時期ギリギリな中で東京ドーム、京セラって行ってKinKi見てなかったら今の私はいなかったかも。

だから今年の目標はとにかくまだぺーぺーな新人だけど、早く一人前になって人に喜んでもらいたいし。
そして彼らがなにかやるならくまなく着いてって、楽しみたい。
そんな感じですw

まだ3月なのに、今年始まって3ヶ月なのに中身濃すぎてもう何ヶ月も経ったような体感なんですよね。笑
こんな短期間で人の人生ってこうもガラッと変わるのか、と思いながら電車に揺られてます。
満員電車も随分慣れましたw

なんかまたあっちいったりこっちいったり、よくわかんないままつらつら書き連ねましたが。
とりあえず何が言いたかったかって言うと(光ちゃん風に)

「今年もよろしくお願いします!」

って事です←おい。
今年初めて更新だしまとめどころがわからなくなったのでw
20周年イヤーこの後はなにがあるんだろうね〜
あっ、Ballad selectionにまったく触れなかったw
とりあえずこれ聴いて、雪白の月にまたドはまりしてカラオケで歌いまくりました。
難しいね!ほんと難しい!!!!!
ってかKinKiの曲ってどれも難しい!!!(今さら

あんな曲達をあんな風に感情込めて表現できる彼らの歌唱力の怪物さを改めて思い知りました。
Mステもよかったね〜

さ、次の更新はいつになるかな?
待ってる人もいないだろうけど、次SHOCK観劇したあたりでアップしたいな。
前見た時よりもさらにブラッシュアップ、洗練されてるんだろうな〜
それを楽しみに頑張って生きたいと思います。

ではまた、Twitterで〜笑

永遠なんて言わないから、

SMAP×SMAPの最終回を見ました。
私は、SMAPのファンではありません。
森くんがいた時代とか知らなかったし、SMAPの曲も全部知っているわけではなくて。
好きな曲はいっぱいあるけど。

でも、泣きました。
こんな歴史を背負って立ってきたグループだったのかと。
KinKiヲタとして、SMAP兄さんには凄くお世話になっているわけで、普通の人よりは知ってる気でいたけど。
なぜあの5人の背中があんなにも強くてかっこいいのか、改めて知らされました。

そして、大好きな今のKinKiKidsがあるのは彼らのおかげでもあるし、
テレビの向こう側にいる彼らはいつもキラキラしてて。
ずっとずっとSMAPSMAPのままでいるんだと思ってた。
スマスマが終わる日が来るなんて。
KinKiの20周年、また出たりしないかなぁなんて夢見てたのに。

スマスマにKinKiが初めて出た日、忘れられないです。
とっても嬉しかった。ふざける先輩に、困った顔して笑ってるKinKiが可愛かった。
歌のコーナーに出た時、当時Twitterで神7!なんてフォロワーさんと盛り上がって。
興奮してツイートしすぎて、規制かかって呟けなくなるくらい。笑
7人の並び、すごくかっこよかった。そしてやっぱり嬉しかった。
硝子の少年を歌うSMAP、$10を歌うKinKiがすごくかっこよく映るのが嬉しくて。
夢のような数分に嬉しすぎて、泣いたあの日。

今日の最終回番組を見ていると、懐かしいなぁ、面白いなぁ、見た事あるなぁって場面がいっぱいでいっぱいで。
やっぱりめっちゃ泣きました。そして、笑いました。

最後の世界に一つだけの花、素晴らしかった。
悲しくて悲しくてしょうがなかったけど、すごく気持ちのこもったパフォーマンスだった。
なぜこんなにも、なにも発信しないんだろう?
最後にファンになにかあってもいいんじゃないかと、後輩ヲタでしかない自分ですらもどかしくてしょうがなかったけど。
あの一曲を見て思えたのは、あの一曲に全てが込められていたのかなと。
中居くん、気持ちを痛いくらい伝えてくれてたよね。

眩しくて、かっこよくて。KinKiがこの人達の後輩である事を改めて誇りに思いました。
やっぱり真ん中に中居くんがいるの、しっくりくるよね、SMAPは。
最後泣きながら背中向けた中居くんの背中、切ないけど私にはとてもかっこよく見えました。
この背中を見て、2人は大きくなったんだなって。
小さいけど、大きな背中だった。
最高のリーダーだと思います。中居くんこそ、いつも2人にグループである事の大切さを伝えてきてくれたから。
お互いを頼れよって、2人なんだぞって。
誰よりも悔しくて、悲しい思いしてるんだろうな…

ついもう全ての終わりのように話してしまうけど、まだ解散まで数日ある。
奇跡が起きないかと、その日を迎える事を信じたくない気持ちは、ヲタならずとも一緒です。
そしてきっと2人も。でも、2人だからこそ兄さん達が決めた事ならとまたその背中を見守っていくのかな。

ここ数日SMAPのベストを聞いていて、噂のSTAYを初めて聞きました。
どんな思いでこの曲をファンの皆さんが選んだのかと思うと、泣かされました。

「5.60年それだけでいい」
これがどんなに奇跡的で尊い事か、教えられました。
2人が2人でいてくれる事、改めて幸せに思えました。

生まれたものは、怒りや悲しみだけじゃないよ。
さらにKinKiへの想いを強く持てた。
これはまたSMAPやスマヲタさんのおかげです。

どんな道がこの先待っていても、願う事はただ一つです。
また7人で歌って笑い合える姿が見たい。
それが、SMAP×SMAPだったらとても嬉しい。
ただただ祈っています。こっからひっくり返せるのがSMAP兄さんだと!!!
とても素敵な最終回でした。
かっこよかったです、SMAP兄さん。
ありがとうございました。お疲れさまでした。

またいつか、必ず。と遠くから祈りながらもう一度リピって寝よう。
泣きすぎたなぁ…明日の朝、目腫れてるんだろうな。笑

naked mind

お久しぶりです。
何か月ぶりなんだろう…本当に。
もはや存在すら忘れかけてたんですけど、ちまちまアクセスがある事に驚き…笑

もはや何かを語るとかじゃなくて、1年を振り返る時期になっちゃいました。
本当に死に物狂いな1年だったなぁ。
それこそアリーナツアーも参加してないし、正直ヲタ卒考えたくらい自分の事に精一杯で。
そんな私ですが、やっと、やっと昨日参加しました。

「We are KinKi Kids Dome Concert 2016-2017
〜Tsuyoshi&you&Koichi〜」

正直アリーナツアー中はTwitterも全然見てないし、直前にセトリ見たくらい。
こんな真っ新で新鮮なドキドキ抱えてライブ望むなんていつぶりだろう…ってとにかく緊張しながら昨日を迎えました。
なんたって1年ぶりだし…それまではソロコンがあったり、番協入ったりね。
ありがたい事になんだかんだ生の2人に会う機会はあったもんで。
それが、本当に1年ぶり。

開演して、音が鳴って2人が歌い出した瞬間に泣きそうになってる自分がいました。笑
なんでこの人達から離れられると思ったんだろうと。
セトリも、アリーナツアーよりさらに濃く、わかりやすくKinKiだったなぁ。
細かいレポはTwitterでしたから抜きにしてw

言っちゃえば王道すぎる王道なセトリだったけども、なんであんな新鮮に映ったのかなぁ。
そして噂には聞いてた中盤からの流れには度肝を抜かれました。

どっち派なんてどうだっていい、から始まった2016年。
それが薔薇と太陽だったりアリーナツアーのソロコーナーだったり、それぞれのスタイルをKinKiでも解放させて。
なんか、新しい流れだなぁいい流れだなぁなんて思いながら眺めてたんですが、まさかあそこまでとは。

正直、2人を同じように好きになれ、争うな。なんて無理な話だと思いましたww
怒られちゃうかもだけど(笑)
本当に違いすぎる2人なんだもの。
いい意味で。良く2人でやってるなぁってしみじみ思っちゃうくらいw

噂に聞いてた光ちゃんのソロに剛さんがいるだとか、光ちゃんが剛さんのセッションに現れるだとか。
聞いてはいたけども、いざDanger Zone始まると本当に光ちゃんしか目に入らなくて。
正直、Slave Makerで現れた剛さんによりもLOVE CRIES聞けた事に感動しちゃう自分がいたしw←おい
ドームでDanger Zoneが!INTERACTIONALが!見れるなんて!!
いつか光ちゃんドームでステージやらないかなぁとか思っちゃう一方で、
セッションっていつまでやるの?時間大丈夫?って剛さんのソロには割と冷静だったり。

このどうしようもできない心の温度差にも、次の薔薇と太陽で「わ、KinKiだ!!!」ってさせるから…
本当難解で難しくて、めんどくさい2人だなぁとww
本当に本当に面白いww
いい意味でですよ?笑

後半の流れは凄く考えさせられるものだった。
同じステージであんなに違う事やっちゃう2人って。
あれが解禁されたなら、めっちゃ最強じゃんKinKiって。
そうなるとまたソロの意味は?とは絶対ならない辺りも不思議だし。
それはお互いがあそこまで1人での世界観を築き上げてきた努力の賜物なんでしょう。
空間の色を一瞬で変える。そして一瞬で交わる。

ソロコーナーに、きゃー!とはなったけどだからって1人でやればいいじゃん。これだけでいいわ。とは、ならなかった。
やっと2人になった瞬間に、覚えた感動が全部の答えなんじゃないかな…言葉にはできないけど。
上手く言えないんだけどどうしたらいいんだろう。笑

やっぱりああ見ると、光ちゃんの方が好きです←おい。
しょうがないよ、好みがあるのが人間だもの。
1人1人が2つになっているわけだけど、それは2つなわけであって絶対1つにはならない。
でもそれがKinKi Kidsで、そんなKinKi Kidsも大好きです。
光ちゃんと楽しそうに笑う剛さんも大好きです。
その気持ちに順番付けるなんてできないなぁって。

答えは、凄くシンプルな事だったのかもしれない。
naked mindだよ←えっ
いらたいものは放って捨てて行く。
ツアタイの通り、KinKi Kidsは剛と光一でしかないんだよって。
当たり前の事を目の前に突きつけられたようなコンサートでした。
新たなる可能性も。
これが序章なんだとしたら、ここからどうなるんだろう?って。すごくワクワクした。

日経エンタ光ちゃんの諸々で、ヲタ界隈がざわついていたりしたけど。
光ちゃんの言う通りの今のKinKiに見える可能性って。
この期待やワクワクを早く発散させる場所が欲しいです。笑
意外とあっさり過ぎ去られても、まぁKinKiっぽいわな。ってなっちゃうかもしれないけどw

まぁ大丈夫でしょう。
全国ネットの特番の最後にあんな盛大なボケかまして、KinKiっぽい!って笑いあっちゃう2人なんだからなにがあっても(笑)

「どんな辛い未来が来ても2人だったら、乗り切れるさ」
ですよ。僕羽根良かったなぁ。
今の2人だからこそ意味を持つ曲が、詩がいっぱいあるよ。
最後のなんねんたっても、にはぼろ泣きでした。
ありゃ反則だ。堂島孝平天才かよ。

最後はなんか適当でw
まだまだ語りたい事はいっっっぱいあるんですがね。
いざ2日目ですよ。
とりあえずそろそろブログどうにかしなきゃ…というのと、昨日積もったもやもや?ときめき?をどうにかしたくて更新しました。笑

きっと違う意味を見出した人もいっぱいいるだろうし、受け取り方は何万とあるだろうけど。
とりあえず今日もKinKi KidsKinKi Kidsらしくありますように。

なんとなくお腹の調子が悪いですがw
いざ水道橋!次は…いつになるかなぁ←おい。笑

Don't look back!!@SHOCK2016

お久しぶりです。
本当お久しぶりです。
2ヶ月ぶりとか…いやいや。すいません。
全然更新してないのに、気付いたら1万PV突破してまして。
誰が見てるんだろう。本当すいません(笑)

2016年のSHOCKも幕を開け早1ヶ月。
2月は2回、そして3月は昨日観劇してきました。
2月は辰越、3月は福越と。
帝劇でのキャスト変更って翼くんと亮ちゃんとか初期くらいだったもんね。
なんか観る前は不思議な感覚だったけど、いざ始まると演じる人間が変わるとこうも空気感とか解釈とか変わるんだなぁとしみじみ。
その真ん中で、そりゃ雰囲気とか変わるけどどっしりと変わらないコウイチでバランスを保ってる光ちゃんもすごい。

辰越と福松と見て感じたのは辰越は、すごいスマートにそれこそ自由奔放で時に熱くもなるコウイチを優しく支える言ってみればもう執事みたいな(笑)
アドリブもさらっとスマートだったしね←おい
ステージもスタイリッシュで辰越ってイケメンだなぁw
すごく華やかに感じたのだよね。
それにとにかく優しいから、コウイチを守らなきゃ側にいなきゃって、一生懸命で。

階段下で力尽きたコウイチやリカに刺されたコウイチにも堪らずタツミは走り寄ってくし。
温度のないコウイチに触れようと歩み寄るコシオカとか。
コウイチに対する感情を目で見て、わかるように演じててそれがまた泣かせるような2人。


比べて福松がいると、ステージの雰囲気も柔らかく明るくなる気がする。
辰越はそうじゃないとかじゃなくて、なんなんだろなぁ…(笑)
言葉にするのは難しいけどw
光ちゃん自身もどっか良い感じに力が抜けてるというか。
オープニングから福ちゃんとすれ違った瞬間に、花が咲いたように笑顔になった光ちゃんにこれこそ福ちゃんのなせる技だよなぁなんて。
相変わらず光ちゃんのおもちゃのような松のムードメーカーっぷりも冴え渡ってたし。
まだ初日迎えたばっかだし、ちょっと固さも感じたけど。
アドリブとかがっつりで、辰越がさらっとだったから久々の福ちゃんの自由さとかに不意を突かれて盛大に笑った。
辰越とはまた逆に、ジャパネスクの最後も告白のシーンもただ呆然と…
普段の明るい姿からは想像もつかないような、受け止める事すらできてないような凍りついた2人の姿がまたリアルで泣かせる。
アイコンタクトだけで言葉にせずとも通じるような、目には見えないコウイチとの精神的な深い結びつきを感じるような演じ方がまた良い…!!

やっぱりね、福ちゃん光ちゃん好きだーー。
もちろん辰越も良かったし、松も好き。
だけど2人で並ぶ福ちゃん光ちゃんの並びが、やっぱりこれなんだよなぁと思ってしまうあたしは完全に福光贔屓な人なんでしょう。笑

「コウイチバカなの?」とか福ちゃんにしか言えないもん。
本当コウイチをなんだと思ってんのって言動が時に笑わせるフクダだけども、完全なフクダ贔屓目のせいもあるんだけど(おい
コウイチに対する秘めた想いって、誰よりも強いんじゃないかなぁ。
ヤラに負けないくらい。
ONE DAYの最中に歌うコウイチの横顔をすごく幸せそうに見てて、流れ星が流れた瞬間グッと拳を胸に当ててなにかを願うような仕草をしたのが、まるでフクダの願いは「こうしてずっとコウイチの隣に居続ける事。」なような気がしてしまって。

きっとその他のメンバーは、コウイチの死という悲しみを乗り越えて走り続けていく事が未来だと思うんだけど…
フクダに関してはいつまでもコウイチをずっと想いながら走り続けていく事が未来、なんじゃないかってくらい。

もう一個印象に残ってるのが大桜の時。
夜の海で力尽きたコウイチの元に駆け寄りコウイチを抱くヤラ。
そこへやってきたフクダはヤラの顔を一度も見ず、ただコウイチを見つめながらコウイチをヤラから抱き取ってたのです。
ちょっと強引で子供みたいな仕草に、フクダの意地というか最後の我が儘みたいなコウイチへの想いを垣間見てしまって。
眠るコウイチを抱きながら、なんて声をかけてあげていたんだろう。
辰巳のそれも泣けたけど、同じシーンを違う人間が演じてるだけなのに本当全然感情が違うの面白いなぁ不思議だなぁ。

病院には通っていたのに、コウイチに最後を1人で迎えさせてしまったから。
大事にコウイチを抱えてる彼らはちゃんと見送ってあげようと一生懸命なのかな。
最後も夜の海は1人だったけど、1人じゃなかった。
「わかってるな?」って彼が望んだ結末のあとで、みんなで桜の元彼を送れて本当によかったね、なんて思ってたら友達に、アナザーストーリー見ると全部がコウイチの夢かもしれないんだよね?なんて言われて愕然。
そうじゃん…!!なんかそんな事言ってたなぁ光ちゃん
でも、それだとあまりにもコウイチが切なすぎるし。個人の解釈で楽しむってのがSHOCKならやっぱりあたしはそれは嫌だなぁ…コウイチ。
病院でフクダやタツミはどんな言葉をかけていたんだろう…って気になるからやっぱりふぉゆも参加でまたアナザーストーリー作ってほしいな(笑)

あれ?なんかふぉゆと光ちゃんやSHOCKについて語り出すと、ヤラとかリカとか出てこなくなっちゃうから不思議(笑)
今年のリカちゃんすごく上手!!
去年が初っ端、えええ…!ってなる感じだったから←おい
階段上とか告白のシーンの演技とか、あの一瞬。を思い出してるのかな…ってわかったり、リカの解釈がすごく上手な子なんだろうなぁ。
ストーリー上でもヒロインとは?って必要さをたまに問われちゃうリカちゃんだけど。
でも歌にしても振る舞いにしても、なぜか時に正直邪魔だなぁって感じる事があるリカの不思議を今年はまったく感じなかった(笑)
多分同じ女だからってのもあるからだろうか←えっ
何様だよって感じだけどw 私は好きです今年のリカちゃん。

そしてびっくりしたのが、屋良っちすごく歌うまくなったね!!!!
Don't look backはぶっちゃけ今までそのシーンの悲しだったり、コウイチが終わりを迎える切なさに泣いてる事の方が多かった。
けど今年初めて屋良っちの歌声に耳を奪われ、その痛みと苦しみと…表現力に思わず泣いた。
なんか光ちゃんがコウイチを演じ続けてきて、リンクする瞬間があるように屋良っちもヤラを極めつつあるんだろうなぁ。
正直昔はヤラ嫌いだったのに。なんかギラギラしてるし(おい
今年はすごく大人になったなぁというか、あのギラギラどこ行ったんだろw
今年のヤラなら、もう少しでコウイチの弱さにも気付いてあげられたんじゃないか…っていう惜しかった感がまたMissing HeartとDon't look backの悲壮感を…。

あーーサントラは出ないのですか!!!笑

屋良っちと光ちゃんに関してもう少し言えば、2月の下旬に観劇した時に鼻声でどっか儚げで辛そうだった光ちゃん
お互いに「どっちかが辛そうだとワクワクする」なんていつも話してる2人。
連続公演の疲労のせいもあってか、ジャパネスクとかもあまりキレのない光ちゃん
そんな光ちゃんを鼓舞するかのごとくオープニングからハイテンションで飛ばす屋良っちがすごくかっこよかった。
きっとSHOCKのツートップを演じてる2人にしかわからない境地があってそこをお互いで補完しながら走り続けてるのかな。
ジャパネスクで「どうしたぁ!」って容赦無く光ちゃんに飛びかかってく屋良っちの背中に、なんな別の熱いものを感じてしまってどうしようもなく感動してしまったあの日。

パンフレットのMissing Heartの話しで屋良っちが「光一くんはこの曲を入れるか最後まで迷ってた」って、そりゃ舞台のシーンの話だから意見を求めたまでの話かもしれないけど。
でもあの光ちゃんが、自分の中の揺らぎや弱さを少しでも垣間見せられる存在がいるってのはヲタ心にもどっか安心するというか。
ふぉゆもそうだけど、屋良っちだからなのかなって思ったりもします。


とにかくキャラクターの違い、解釈の違い、観るたびに色んな妄想が膨らむ余白とかやっぱりSHOCKって面白いなぁ。観るたびに感じるね。
でもHigherや夢幻はやっぱり光ちゃんの後ろでふぉゆ4人が踊ってるの見たくなるよね…(小声

それにしても昨日の光ちゃん元気そうでよかった。相変わらず痩せすぎだけど。
初日迎えたばかりの福松に負けないくらいのキレと動きで、とんでもないエネルギー放ってるこの人はなんなんだ…と。
歌声もすごく強く優しく帝劇中に響き渡ってました。
でもなんか、すごく優しくなったね。歌が。
ONE DAYとか聞いてたら、すごく優しい暖かい歌声がすごくコウイチっぽくて。
この大きさと暖かさがみんな大好きなんだろうなぁって自然と涙がこみ上げて止まらなかったし。
CONTINUEもすごく良かった。
今の歌声でのCONTINUEとかONE DAYとかCDで聞きたいから、やっぱりサントラ出してください←2回目

さっきも話した2月の下旬の連続公演の最後を観た時は鼻声だし、どことなく覇気もなく儚げで辛い時期なんだろうなぁと心配していたからなおさらその復活ぶりに驚きでした。
今何号なんですか…!?なんてw
2ヶ月に及ぶ公演の中で、光ちゃんも人間だしいい時も悪い時もあるだろうけど、精神的なモチベーションってどう保ち続けてるんだろうなぁ。
カンパニーが大好きで、誰かの期待に応えたくて、自分に負けたくなくて、後悔したくなくて。
光ちゃんが時に口にするそれだけでは、普通の人間はあそこまで自己犠牲極められないよ…
その強さが堂本光一なんだけども、すり減らすように輝く様見てるとやっぱり心も痛くなるし。
SHOCKってなんなんだろう…ってまた答えのない迷宮に迷い込んじゃうヲタ心に、答えの出せないままこれからもSHOCKと向き合っていくんでしょう。笑

そんなんだから、目に見えないものを掴むために突き進んでいく、それをコウイチが教えてくれたって台詞すごい深いなぁって。
日々毎日が発見の連続、って光ちゃんが言うくらい常に進化しているから何回見ても時に台詞が全然違う風に聞こえる日もあるし、飽きることがないのかもしれない。
まだまだ千秋楽まで長いし、嬉しい事ながらまだ何回か観劇させていただく機会があるので悔いのないようどっぷりSHOCKに浸かってぐるぐるしようと思います。

2月の上旬と下旬じゃ辰越バージョンもびっくりするくらい違ったから、福松もどんどん変わって良くなっていくんだろうなぁ…楽しみ。

時間がなくてつらつらとここまで書き殴ってしまったけど、とにかくSHOCK見たんだよ!うぉー!って自分の中で区切りをつけたかったのでよかった。
色々書きましたけどあくまで私の中の勝手な解釈とかレポなんで、わかってくれる人だけわかってくれれば…
SHOCKって本当に人によって色んな見方があるし、Twitterで人のレポや感想見てるとなるほど!って驚きが楽しかったりするもん。
その委ねられた余白で、キャッキャしてるのもまた光ちゃんの手の上で転がされてるんだろうけどw
次の更新はいつになるでしょう。笑
Spiralの映像化はいつだ!そいや日本のミカタ出るんだね光ちゃん!!
って毎日忙しくて、情報に一拍遅れて着いていってる感じなのでなにかありましたらフォロワーさを、よろしくお願いしますw


ではまたーーーーーーーーーー(光ちゃん

きっとふたりは幸せさ@KinKi Kidsコン徒然

あけましておめでとうございます。
またすっかり久々になっちゃいましたが。
(忘れてないよちゃんと書こうと思ってたよ)

オーラスを迎えました、2015-2016KinKi Kidsコンサート。
大阪東京と参加してきました。
ちなみに土壇場でチケットが見つかって、カウントダウンにも参加してきました。

MCの細かいレポとかは毎度の事ながらTwitterでしたので省くとして。

4回しかなかったけども、終わってみたらいいコンサートだったなぁと。
ぶっちゃけここ数年のKinKiコンってあまりハマらなかったんですよね(おい
KinKiコンを楽しむというよりは、正直光ちゃんを観に行く感覚の方が強かった。
その場はすごく楽しいよ?歌もいいし、MCも楽しい。演出も安定のクオリティだし。
でもなんでだろうね、映像化されても1回しか見てない。
LコンもMコンも。ここ数年Gravityばっかり見てた。笑

そんな中で迎えた今回のコンサートツアー。
グッズはシンプルだし、光ちゃんが8月にSpiralを終え10月にSHOCKを終え。
ソフトも出てない。自分的にはまたぶっちゃけると、大阪に向かう新幹線の中「光ちゃん元気かなぁ」くらいにしか思ってなかったです(爆

そして迎えた大阪初日ですが。
なんか初日を終えた時点では、なんか、あまりにもあっという間というか、
ん?サラッと終わったな…?って感覚だったのです。
あまりにもKinKi Kidsすぎて、王道極めすぎてね。
あぁやっぱり夢傷スタートか。あぁまたフラワーか、ナイリバか、アニバか。
失礼ながらそんな感じw
でも、それがどんな事を意味するのかまったくわかってなかった。初日終わりは。

その「王道」が新たな魅せ方で、新たなステージに昇華されてるのか…?と思った2日目から一気に自分の中のKinKiが色を持ったような気がして。

マーチングバンドとともに歌う情熱(トロンボーンのくだりもKinKiらしいよねw
壮大なストリングスを従えたもう君以外愛せない(きっとふたりは幸せさって本当泣ける
Mアルアレンジからの踊る愛のかたまり
まさかのHoD MVの続編(やっぱり2人は妖精だったのね
ジェロマキタ━━(゚∀゚)━━!!!←おい

これだけじゃなくて、全ての曲がそうだったけども。
今のKinKiが魅せる王道の新たなる形、極地があったような気がして。
あくまで個人的な感想だけどw

「歌ってみて、改めて素敵な曲を提供していただいてる。」

光ちゃんはそう言ってたけど、ここまで2人が積み上げたKinKiのある意味の完成系で
これを越えて20周年イヤーに突入した事はとても大きな意味があるんじゃないかと思う。
緊急コンがあって、Familyコンがあって、全てが蓄積された上での18年目のKinKi Kidsコン。
36歳と37歳が全力で踊る雨メロ良かったなぁ。
光ちゃん、キレキレだったなぁ。笑

そして迎えた東京ドーム公演。
本当に本当に楽しかった。
カウコンのせいで頭混乱してる2人のハプニングとか年末年始感あっていいよね←
MCや誕生日会とかも全部が楽しかった。
こんなの本当に久しぶり(爆
ここ数年の誕生日はまた正直、楽しいんだよ?楽しいんだけど終盤「長いなぁ…寒いなぁ…」ってずっと思ってたw
ふぉーゆーは好きだしね?福ちゃん!っていつも言ってるけども。
誕生日会という趣旨を越えて悪ノリしてるようにしか見えないふぉゆと剛さん、今回剛さん自ら言ってたけど「二次会ムード」が延々続いたあげく光ちゃんがお決まりのように「今までで1番いい誕生日だった」って言うたびに、「本当かよ!」って突っ込んでる自分がいましたw

なんか、色んな人に怒られそうだけど。笑

本当にもっとシンプルで良かった。
極端に言えば、プレゼントも歌もなくても剛さんが光ちゃんに「おめでとう」って言ってくれたらそれで良かったんだよってくらい。

だからある意味ふぉーゆーや後輩がいない今年どうなるんだろうと、期待半分不安半分で迎えた元旦。

カウコンのやらかしちゃった話だの(2人で同じとこ間違えたな!って喜んでる2人に、違うそうじゃないって野暮すぎるつっこみ
光ちゃんの楽屋が広くなった話だの(あの楽屋は光一が使いや。俺がさせるよ。って剛さんかっこよかった…!
やめPUREのやらかし話だの(ダンサー近いな!ピン多いな!誕生日やし?ってなってる光ちゃん可愛かった…

まぁお腹痛くなるほど笑ったあとに、時間ないって話し出した光ちゃん
「そろそろ行きましょか。」ってサラッと切り出す剛がまたかっこいい。

なんていうか…


やればできるじゃん!さすが堂本剛!!(何様

本当楽しかった。面白かった。
演者勢揃いのハッピーバースデーからの、剛さんのトロンボーンソロ(笑)
自分の音色大好きな光ちゃんへの何よりのプレゼントだよねって感動すら覚えたその後。
まさか出てきたプレゼントがピンクのトロンボーンだなんて、まさか2人してトロンボーン持つ日が来るなんて夢にも思わなかったww

そっから、ひたすらオナラの音を奏でる光ちゃんとか←
新年初笑いだとか、肌身離さずトロンボーン持ってるわ。
「どうすんの2人でこんなん持って!」って、言いながらこれからの展開にワクワクしてたのはヲタも光ちゃんも一緒だったと思う(笑)

まぁ詳しいレポはTwitterでしてますんで(2回目

あんな嬉しそうな楽しそうな光ちゃんの顔見れるなんてなぁ。
観に来てたふぉゆが気の毒なくらいよ(来年ふぉーゆーが出ても窓のある楽屋はお前が使うように俺がさせるって目の前で言われる心境って。。笑

そして、コンサートも終盤を迎えて。
ちがう道、おなじ空。泣いたなぁ…
鍵のない箱でアンコールって意外だったけど、盛り上がるねあの曲。
Wアンコールの愛されるより愛したい嬉しかった。
なんて振り返ったらキリがないけど。
この日1番の衝撃を受けたのが…あっ1番はピンクのトロンボーンかな?2番目かな?(おい
まさかの最後の剛さんの挨拶だった。

「これからは光一派だとか剛派だとか、くそしょうもない事やめてください。」
「この2人がKinKiで、KinKiはKinKiでしかないなんてアホでも分かる事。」
「個々に何をやっても、KinKiはKinKiでしかない。僕らは昔ジャニーさんからいきなり、You達KinKi Kidsだよと言われた日から今もこの道を歩いて行くだけなんです。」

さて、何回KinKi Kidsって言ったかな(違
じゃなくてw 本当に頭を殴られたような衝撃を受けたような気がした。
ここ最近自分にとってKinKiってなんだろうと思ってたから。
光ちゃんがいるから、KinKiも好きなんだと思い込んでたけどね。
いつかKinKiが好きで好きでしょうがなかった過去の自分は、寄りがどうとかどっちがどうだとか言ってる今の自分をどう思うかなぁとか。

KinKiっていいなって思わされるライブの最後にKinKi Kidsの人が腹括ってそう言い切った瞬間を見てしまったらもう泣くしかないじゃない。
怖かったと思うよ剛さん、ああ言い切るのも。
そこに辿り着くまでの心境って計り知れないし現に進行形だし。笑
隣でただ黙って聞いてた光ちゃんの心境もわかんないし。
現にざわついている界隈もあるんだしね、昨日の発言から。
でも素直にかっこいいな、と思いました。
昨日例のトーチュウのインタビューを見て胸熱くした瞬間もそうだけど。
10周年の時「僕は光一を守りたい」と言ってた剛さんを思い出した。

まぁそうなってしまった人達にはそこまでの過程があるわけだし。
もしかしたらまたやっぱり光ちゃんだけでいいやってなる日がくるかもしれないし。
またなんだよ剛!ってなる日が来るかもしれない(笑)
10年周期の単なるデレデレ期にしか過ぎないのかもしれない(昔はツン期とかデレ期とかあったよねw

でもまぁ今の自分の素直な気持ちをだけを大事に、20周年イヤー彼らに着いていきたいと思いました。
KinKi Kidsが好きだ」と。
光ちゃんは大好きだよ?SHOCKも楽しみだし。
でもKinKiが好きで、2人が好きで。
2人はKinKi Kidsなんだよ。どこをどう通ってもw
KinKiがあるからお互いにソロも出来るし、光ちゃんはSHOCKもやってる。
それがなきゃ、今の2人はいない。

そんな当たり前でいい事をいつからか見失ってた気がする。
簡単な事じゃんね。
でも人間って、悲しいかなKinKiも言ってたけどきっと2人並んでたら比べたりどちらかを落とさなきゃいられないものなんだよね。
色もキャラクターも違いすぎる2人がKinKi Kidsだから、っていうアンバランスさが時に際立ってしまうのかなって。
そうなってたし、この気持ちがいつまで続くかなって不安もあるあたしが偉そうな事言えないけど。

でも2人は言ってくれたし、歌ってくれたから。
「証明するから、見てて、見てて by願祈」

とりあえず全部ひっくるめて、KinKi好きだな。乙コン楽しかった!って事が言いたかったって話です!!!
もうなんかまとめ方わかんなくなっちゃったから、まとめは光ちゃん風でw


しかし色々察してくださいとか、実現したら一味違う1年になるとか光ちゃん言ってたけど。
今年は何が起きるんだろなぁ…20周年かぁ。
正確には20周年に突入するイヤー。
単なるツアーやります!だったら、もっとサラッと匂わせる気もするし。
会場問題もあるみたいだし…わかんないね、本当(笑)

トロンボーンの今後の展開も楽しみだし。
2人で練習頑張って!!←おい

トロンボーンの前に光ちゃんはSHOCKの稽古か。
いよいよ来月か、って本当ついこの間千秋楽だったのにね。
今年は2ヶ月しかないSHOCK、もちろん目一杯楽しみますよ。

あーまたまとめ方がわからない。
とりあえず今更ですが去年も1年ありがとうございました。
3日坊主なあたしがよくもまぁまだ更新してるなって感じだけど(おい
2016年もゆるゆるやりますんで、よろしくお願いします。


ではまた。……Spiralの映像化はいつかなぁ。笑

君が君らしく、いてくれるだけでそう

ちがう道、おなじ空。って本当いい曲だなぁ。
どうも、あいです。

前回の更新で、突然降って湧いた番組協力に、
「特別番組ってなんだ?堂本兄弟か?」なんて話してましたが、堂本兄弟でしたね。
こんな早くに収録するなんて。でも確かに去年も結構早かったのかな?
そして他人事みたいに言ってましたが。
行ってきました。収録に。そうなんです、行ってきました!笑

まさか当たると思わなくて、応募したらまさかの当選。
本当にびっくりしました。
久々の番組協力とあってか、応募数もすごかったらしいし。

約1年以上ぶりの番組観覧。
パニック障害と診断されてから初めてのイベントだったので、緊張したし色々と不安もありましたが。
友達のおかげもあってか発作も起こらず。
もちろん光ちゃんのおかげもあるか。笑

存分に楽しめました。
レギュラー時代の番組観覧の時よりも近かったし…!
あんな至近距離で話す光ちゃんとか歌う光ちゃんを見れる事そうそうないよなぁ。と、いまだに幸せを噛み締めてるくらい。
生の光ちゃんは博多以来1ヶ月ぶりくらいかな?
相変わらず細かったなぁ。
ちょっと咳き込んだり咳払いしてたけど、風邪の気があるのか乾燥のせいか。
最近寒いから気をつけてほしいな。冬場必ず1回は風邪ひいてるイメージだし←
そんなこんなでも安定の美人さん。
短めの丈な細身のパンツから見える足首が可愛くて可愛くて、ずっと凝視してました。
今回衣装が本当神だった…!
なんか本人しっくり来てないみたいだったけど。笑
冬仕様の光ちゃんは本当ハズレないなぁと、心底思いました。
「かわいい」の4文字をこれまた噛み締めながらw

ゲストはもう発表されてるからいっか。
何組かいる中の1人が長瀬くんでした。
長瀬くんかっこよかったなぁ。やっぱり、大きかった(笑)
KinKiと並んでるとさらに大きく見えるし、長瀬くんと並ぶとKinKiはやっぱり小さく見えるっていうw
長瀬くんといる光ちゃんはやっぱりかわいい。
なんだろう、ふぉゆや剛さんといる時とはまた違う空気感というか。
本当に本当に、「素」なんだよね。兄弟といるような感じ?
この2人が一緒にいるところって、もう何十年も見てるのに、いつまで経っても和むしこっちまで幸せな気持ちになるなって。
ああいう親友がいるってすごく羨ましいこと。
加えて思ったのは、長瀬くんにとって光ちゃんってやっぱり「かわいい」存在なんだなってこと。笑
それもまたきっと昔から、光ちゃんが37歳になった今も変わらないんだろうね。
あんな男前に愛されて光ちゃん幸せものだぞ!!←えっ

なにはともあれ詳しくは言えないけど、盛りだくさんで本当に楽しい収録でした。
やっぱり歌うKinKiはいいなって思えたし。
堂本兄弟復活すればいいのになぁ。音楽とKinKiって、切り離しちゃいけないんだよきっと。

オンエアはまだまだ先だけど、また楽しみが1個増えてクソ忙しい師走のエネルギーになりますな。
来週はFNS歌謡祭もあることだし。
今年はKinKiも飛天にいるし、堂本兄弟絡みもまた見れるんでしょうか。

ここ数日、とんでもなく寒くなってきたので皆さんも風邪などひかれませんよう。
次の更新は…大阪の後かな?頑張ります。笑