色のない世界をきみと歩こう

世界はきみのものだ