色のない世界をきみと歩こう

世界はきみのものだ

夢を見れば傷つくこともある

ご無沙汰しとります。
すっかり久々になっちゃいました。

気付けば、夢を見れば傷つくこともある、の発売日を迎え。
SHOCKの制作発表もあり。
ハガキをしこたま買い込んで、あぁ冬だなぁ…なんてしみじみする季節がやってきてました。笑
堂本兄弟の新春スペシャルが決まったり。
謎の特別番組の番組協力の知らせが舞い込んだり。
なんなんだろうかこれ…堂本兄弟なんだろうか。

なんにしろ、1年中忙しかった光ちゃん
冬になるとワーカホリックぶりに拍車がかかりますな。

そんな中でも、昨日のMステ良かったなぁ。
今日出たばかりのオリスタを読んでいたら、改めて光ちゃんが生放送は苦手。なんて言っちゃってたもんで。
INTERACTIONALの時もガッチガチだったしやっぱりMステに対する苦手意識はいつまでも拭えないもんなんだなぁとか余計な事考えて、毎度の事ながら緊張しながら見てましたw

なにあの安定感…!!!
ハモりもそうだし、声の伸びもよかったし、まんまCDクオリティじゃないか。
生歌を誇れるKinKiにドヤ顔が止まらない止まらない。
考えて見たら前回出た時のSPEAK LOWもよかったし、やっぱり2人と1人じゃ心持ちも違うのかな。

目の下に凄まじいクマ飼ってたのには、胸痛くなったけども。
夢傷関連の雑誌ではまだKinKiコンの事とか動き出してないと言ってましたが。

去年も地方のSHOCK終わり、ずっと痩せてるな疲れてるなぁと思いきやSpiral制作に片足突っ込んでたわけだし。
今水面下じゃなにが動き出してるんだろう。。
とか言って普通にSHOCKとかな気もするけど←

来年のSHOCKは、匂わせてはいたけどついに帝劇のみだって事が発表されましたね。
会見で
「僕自身のスケジュールの都合で」
「再来年にはまたやりたい」
みたいな事言ってたみたいですけど、なにがあるんだろう。
普通にKinKiなのかな…(笑)
20周年は再来年だしと、余裕こいてたらなんか仄かに20周年突入おめでとう!みたいな雰囲気が漂ってきて1人慌ててるわけで…!

しかし帝劇のみとなると、また激戦なんだろうなぁ。色んな意味で。
地方終わりで日程見ると75公演、凄まじいスケジュールに見えちゃうなぁ。
千秋楽前とか13回連続…
「あなた来年37歳なのよ?!」なんてヲタの心配や不安をよそに、SHOCKに向ける情熱は相変わらず。

「完成形はないと思ってる。これだけ回数を重ねても、毎回が勝負」

15年経ってもなお、これだけの決意を抱えて、それをサラッと言い切れる光ちゃんが好き。
しかし、なんなのあのクソかっこいい卑猥なポスターは…!!
もう初めて見た時吹きました。
なにが素晴らしいってあのもはや半裸の←おい
あんなポスターが帝劇にでっかく貼り出されるわけでしょ?!
それを見るだけでも帝劇に向かう価値があるみたいなポスター。

どういうコンセプトで作られたんだろうな。
パンフとかもあのテイストで進めてほしいです。ぜひとも。

KinKiにしてもSHOCKにしても、前向きというか意欲的に色んな事してる光ちゃん見れるのは嬉しい事だけど、にしてもちょっと痩せすぎだよね。
どっかのスポーツ新聞に今54kgなんて出てましたけど。
本当にそんなある?って疑っちゃうレベル。テレビジョンの光ちゃんの足腰の細さに友達と絶句したもん。
「僕の身体は一つしかないので」なんてSpiralで、笑いながら言ってたけど、本当そう。
「あなたの身体は一つしかないし、代わりになれる人もいない。」これに尽きるんだから。
年取ったらドーンと来るかもねなんて言ってないでちょっとは健康な生活してください光一さんw
忙しすぎる今、そんな事言ってる場合じゃないのかもしれないけど。。

やっぱり健康な身体と精神ってのはなににおいても1番大事。
実は私事ながら、ここ最近体調崩してまして。
とにかく半年くらい忙しくて、忙しくて。
ひたすら仕事、合間に遠征したり、って無理やりな毎日送ってたら身体は大丈夫でも心が参ってしまったようで。

仕事もゆったりにしつつ、治療を初めて。
周りの支えもありつつ、マイペースの大切さを実感してる日々なんですが。
そんな中での「夢を見れば傷つくこともある」の発売だったので
発売前はろくにラジオとかで聞いたりもできず、全貌を把握できないまま発売日を迎えたわけですが。

フラゲして初聞きで、思わず涙が出ちゃったくらい(笑)
ただ背中押すだけの綺麗な応援ソングじゃなく、現実突きつけたうえで寄り添ってくれるような、
そんなKinKiらしい応援ソング。
沁み渡りました…そんでまたMVがいいんだよね。

TypeAは、夢と現実の間で揺れる人達と強く歌うKinKiだけど、
TypeBになると一転。
それぞれがなにか、苦しみを抱えてるかのごとく歌ってるその姿が等身大の青年感醸し出してる気がして。
こうして悩んで立ち止まる瞬間も、彼らにもあるんだろなぁって。
「悩むことなんてない」って光ちゃんは言うけど。
それでも迷ったり気弱になる瞬間は多分ある、そう思ったらなんかすごく彼らが身近に思えて。
自分も頑張ろうと素直に思えたわけですよ。
すごいな。応援ソングって伊達じゃない。笑

なにより今作は前作の鍵箱よりも、光ちゃんが制作に前のめりでいてくれる気がしてw
前作にやる気を感じなかったわけではないけど。笑
「KinKiって応援ソングがないって雑談から生まれた」なんてエピソードよく話してくれたり、
ワンカットなMVに「OK」の一言で返しただとか、WSのインタビューでの剛さんとの温度差に凍りついた気がする←
1年前に比べたら全然…なんて勝手な事言ったら怒られちゃうかなw
なんにしろ楽しそうにお仕事してる光ちゃん見れるのは嬉しい事。
やっぱり体調だけは気をつけて、この冬も乗り切ってほしいです。

もう今年もあと1ヶ月とは本当に早いなぁ。
もちろん来月からのKinKiコンもSHOCKもできる限り参加しようと思ってます。
体調に不安がないわけじゃなくて、むしろ怖いけど。
やっぱり歌う光ちゃんを見る事は、なによりも幸せで楽しみな事だからね。
頑張らずに、気負わずに、一歩一歩頑張りたいと思います。
しっかり体調整えよう。

光ちゃんのメンタリティー、爪の垢でもいいから分けて欲しいと思う今日この頃。。笑
毎度の事ながら次の更新はいつになるやら。
ま、自由にやります。

今日はこのあとCDTVか。楽しみだーー!!