色のない世界をきみと歩こう

世界はきみのものだ

道は手ずからひらけ

お久しぶりです〜
なんと最後の更新が去年だった。SMAPだった。。笑
光ちゃんの誕生日とか紅白とか、色々あったのになぁ。
まぁTwitterであれだけ荒ぶったから書いた気になってたのかなw
なんとか生きてます。あいです。

もう3月になっちゃったね。
SHOCKが始まって、1ヶ月。
今年はなんだかんだ時間がなくて、2月は2回。
観劇させてもらいました。
それでも「日本一チケットの取れないミュージカル」を2回も見たんだ。
幸せに思わなきゃだよね。
感想はまぁこれもまたTwitterで散々書いたけど、光ちゃんの肉体改造云々やアンサンブルの入れ替え等々。
話題になってた事とか色々含め、なんでかなぁ。
すごく新鮮な気持ちで楽しめたSHOCKでした。

直前に色んなメディアでSHOCKがいかに凄いか!ってのを改めて特集してくれたのを見たせいもあってか。笑
何度も見てきたはずのフライングや踊りに、それこそ一々「うわぁ!飛んでる!すごい!!踊りダイナミック!」とか、初めてSHOCKを見たような驚きと喜びがw

光ちゃんが肉体改造した事によって、「それぞれのシーンの底上げになれば」って言ってたけど凄くそれを感じたのかもしれない。
踊りのエネルギッシュさに圧倒されたし。
それでいて指先まで美しく舞う繊細さは健在。

そして新しい面子も加わって、新鮮さはあれど真ん中にどーん!とそびえる座長堂本光一の安定感もまた。
台詞の微妙な変化や、演技の変化もまたSHOCKがSHOCKたる緻密な伏線を散りばめてて。
やっぱり良くできてるよなぁ…と唸りました。笑
関ジャムとかも凄く良くて、全ての物事を理論的にきちんと説明できる堂本光一の頭脳…ってのが自分的にツボなので(彼のエンターテイメントってのは、彼の頭の中でちゃんと理論的に立体づいて創られているんだろうなぁと思うと堪らんのですw

それはそれは、Slave Makerも含めて神番組だったけど。
どこの特集もそりゃネタバレしちゃ元も子もないんだけどw
ストーリーについて「ブロードウェイに生きる青年たちの葛藤を描いた…」的にざっくりまとめられちゃってるのがとってももどかしいです。笑

台本の台詞、たったの何行かに何時間も何時間もうんうん唸って「全てはSHOCKヲタのために」と言葉や台詞の一つ一つに向き合ってる姿が私は好きだから!!!(リカ風

なんて、とりあえずSHOCK見たからにはSHOCKの話しなきゃなんてつらつら語りましたが。
こっからは完全に私事です。

実は5年以上働いてた職場をちょっと離れて、新しいお仕事を始めました。
完全にやめたわけではないのだけど。
ここに至るまで、自分の中では結構な葛藤があって。

なにか新しい事始める一歩目って凄く怖いよね。
失敗したらどうしようとか、ちゃんとそこに馴染めるかとか。
本当に自分がやりたい事でも、その迷いの中で1番真ん中にある本心が揺らいだりする。
あたしもそんな1人で、なんとなく惰性でずーっとやってきて変化しないって事はとにかく楽な事だし。
向上心もなにもなく、ただそこで仕事をこなすだけ。
仲間は大好きでも上司はみんなおかしな人達ばっかだし、理不尽な事で怒られちゃ悶々として。
心身のバランス壊したりしながら、死んだように働いて時間も余裕もなくして。

だから自分のやりたい事を本当に楽しんで全力で生きてる光ちゃんがいつもずーっと眩しかったのです。

そんなあたしの背中を強烈に押してくれたのが正月大阪で見た光ちゃんの姿と、

「道は手ずから夢の花」

どうにかここから抜け出したい、踏み出したい、けど勇気がない。歳も歳だ。笑
そんなぐるぐるしてる中で、またバタバタと向かった京セラドームで。
汗にまみれてどっか辛そうに、あの名古屋のSpiralの姿を思い出すくらい全身全霊でLOVE CRIESを歌う光ちゃんの姿に、あたしもこんな風になりたい。
いや、絶対なれないけどw なりたいなりになにかやってみなきゃいけないのかも。と。
そして、道は手ずから夢の花。
生で聞いたこのKinKiの一曲には本当泣かされました。
こうして何年もヲタやってると、彼らが歌う曲と自分の人生が奇跡的にぴったりリンクする瞬間が少なからずあるんだよね、きっと。

そっからのあたしはそこで感じた何かを、無駄にしちゃいけない!とそりゃもう必死でしたw
昔からなんとなーく憧れてた仕事に、ダメ元で面接受けに行って受かり。
研修受けて、バタバタ初日を迎え…
そんなこんなで、これまでの人生の中で初めて、「心の中でずっとやってみたかった事」を仕事にしてます。全力で。

まだ始まったばっかで手探りだし、怒られたりやらかしたり。疲れるけど。
でも、ずっと押し潰されそうだった虚無感はどこにもなくて。
ここからまた理想と現実のギャップに悩まされたりもするのかもだけど、とにかく今は楽しいです。

あの時動いて良かったなって。本当思う。

単なる1ジャニヲタの戯言だけど、大好きな人達の表現や歌にこんなにも救われる事があるんだなぁって。
端から見たら、そんな事で?痛いなぁって思われるんだろうけどw
ふと思い出したら、あの時あの曲聴いて元気出た!ってのと一緒で。
彼らが自分の人生に寄り添ってくれてる瞬間を確かに感じたから。勝手にですが←
だからヲタってやめられないんだろうなぁって。笑

あと先日こんな事もありました。
とある事がきっかけで、喧嘩というか疎遠になってしまった友達がいました。
考えてみたら元は完全に私が悪かったんだけどw
彼女はSMAPファンで、色々あった時に凄い心配もしたけど、すでに音信不通になってたので連絡も取りようがないし。
ずーっと心の中でもやもやしてたのです。
それで1年くらい経ってたのかな?もう会う事もないのかなぁなんて思ってて。
そんなんで、ついこの間帝劇でSHOCKを観劇していた私。
早く着きすぎたし…なんてパンフを読んでたら、突然「久しぶり!」って声をかけられて。
見上げると、その彼女の姿が!!!

そりゃもうびっくりして、テンパりましたww
なんでここにいるの?!と。SMAPヲタで今は若い子追っかけててSHOCKとか観に来そうもなかった彼女が(笑)
聞くと「ずっと気になって観てみたかったから、たまたまチケットが手に入って…」とわざわざ来てくれてたとの事。
気付いたら普通に話してて、お互い泣きそうになりながらちゃんとごめんねも言えて仲直りできました。
こんなたくさんある公演の中のたった1公演で、こんな風に再会できるなんて…!って本当にびっくりして。
笑いながら「光ちゃんとSHOCKが結んでくれたのかなぁ?」なんて言ってたけど、そう思わずにいられないくらいの奇跡だった。嬉しかった。

そんな風になんだか今年に入ってから、KinKiや光ちゃんに凄く助けられてます。笑
ヲタやっててよかったなぁって勝手に思いながら生きてる日々ですw

そんな風に簡単に行かないわ!!そんな事で簡単に!きーっ!!ってなる人もいるかもだけど。
いや、あたしもそうだったけどw
SHOCKのコウイチみたく、(ここもまた影響受けたよねぇ…)
もう無理だと思った時こそ、時間がなくてもなんとか大好きな人達に会いに行ったり曲聞いたり見たりすると、その瞬間に心が生き返ったり突き動かされる瞬間が生まれるのかもしれないです。
あたしも去年は本当に時間も余裕もなくて、一瞬ヲタ卒業するんじゃね?って思ったくらいだったし。
(アリーナツアー1回も行ってないしね…)
あの時期ギリギリな中で東京ドーム、京セラって行ってKinKi見てなかったら今の私はいなかったかも。

だから今年の目標はとにかくまだぺーぺーな新人だけど、早く一人前になって人に喜んでもらいたいし。
そして彼らがなにかやるならくまなく着いてって、楽しみたい。
そんな感じですw

まだ3月なのに、今年始まって3ヶ月なのに中身濃すぎてもう何ヶ月も経ったような体感なんですよね。笑
こんな短期間で人の人生ってこうもガラッと変わるのか、と思いながら電車に揺られてます。
満員電車も随分慣れましたw

なんかまたあっちいったりこっちいったり、よくわかんないままつらつら書き連ねましたが。
とりあえず何が言いたかったかって言うと(光ちゃん風に)

「今年もよろしくお願いします!」

って事です←おい。
今年初めて更新だしまとめどころがわからなくなったのでw
20周年イヤーこの後はなにがあるんだろうね〜
あっ、Ballad selectionにまったく触れなかったw
とりあえずこれ聴いて、雪白の月にまたドはまりしてカラオケで歌いまくりました。
難しいね!ほんと難しい!!!!!
ってかKinKiの曲ってどれも難しい!!!(今さら

あんな曲達をあんな風に感情込めて表現できる彼らの歌唱力の怪物さを改めて思い知りました。
Mステもよかったね〜

さ、次の更新はいつになるかな?
待ってる人もいないだろうけど、次SHOCK観劇したあたりでアップしたいな。
前見た時よりもさらにブラッシュアップ、洗練されてるんだろうな〜
それを楽しみに頑張って生きたいと思います。

ではまた、Twitterで〜笑